Windows 10でパスワード保護された共有をオフにする方法

パスワードで保護された共有がWindows 10でデフォルトで有効になっていることをご存知ですか?つまり、Windows 10コンピューターでパスワードで保護されたユーザーアカウントを持つユーザーのみが、そのマシンに接続されている共有ファイル、共有フォルダー、共有プリンターにアクセスできます。部外者がアクセスするには、パスワードで保護された共有オプションを無効にする必要があります。無効にしないと、ユーザーはこれらのファイルやフォルダーを表示できません。これに興味がある場合は、この記事をお読みください。パスワードで保護された共有機能をオフにすることで、コンピューターにアカウントのないユーザーが共有リソースを利用できるようにする方法を説明します。

ただし、先に進む前に、パスワードで保護された共有を無効にすることは、セキュリティの観点からは賢明ではないことをお伝えします。無効にすると、ローカルネットワーク上の誰でも共有リソースにアクセスできるようになります。ファイル共有システムを合理化するために、MicrosoftはWindows 7にHomeGroupオプションを導入しました。これには、ドキュメントとデバイスをすばやく共有できるシンプルなインストールウィザードが備わっています。 HomeGroupオプションはパスワードを自動的に作成するため、ユーザーアカウントを処理する必要はありません。
ただし、信頼できるネットワーク環境で作業している場合、または何らかの理由でHomeGroupを作成したくない場合は、Windows 10でパスワードで保護された共有を無効にすることができます。

注:以下に説明する方法を進めるには、管理者アカウントでサインインする必要があります。

Windows 10でパスワードで保護された共有を無効にする方法

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. コントロールパネル\ネットワークインターネット\ネットワーク共有センターに移動します。
  3. 左側を見て、[ 詳細な共有設定を変更する]リンクをクリックします
  4. 次に、次のページで、[ すべてのネットワーク]セクションをクリックして展開します。
  5. 最後に、[ パスワードで保護された共有]を見て、[ パスワードで保護された共有をオフにする ]オプションを有効にします。

以上です。できました。

Windows 10でパスワード保護された共有を有効にする方法

パスワード保護機能を再度有効にする場合は、同じオプションをオンにする必要があります。
[コントロールパネル]、[ネットワークとインターネット]、[ネットワークと共有センター]、[共有の詳細設定]に戻り、[パスワードで保護された共有]で[パスワードで保護された共有を有効にする]オプションを有効にします。

March 19, 2020

返信を残す