「パスワードの有効期限が切れているか、リモートPCが空白のパスワードを受け入れない可能性がある」エラーを修正する方法

リモート接続を介してWindows 10 PCを別のWindows 10コンピューターにフックする必要がある場合があります。 「パスワードの有効期限が切れているか、リモートPCが空のパスワードを受け入れない可能性があります。接続を再試行してください。これが続く場合は、管理者または技術サポートに問い合わせてください」というエラーメッセージが表示されることがあります 。その場合は、この記事が役立ちます。

したがって、ご覧のとおり、パスワードの有効期限が切れているか、リモートのWindows 10コンピューターが空のパスワードを受け入れない可能性があります。
複数の技術フォーラムのさまざまなユーザーがこの問題について不満を述べているので、それは広まっているようです。多くのユーザーは、パスワードの有効期限が切れておらず、空のパスワードを送信していないと主張しています。同じ問題が発生している場合は、これらの解決策を試して問題を解決してください。

パスワードの有効期限が本当に切れているかどうかを確認してください

ここで確認できることが2つあります。 1つ目は、リモートのWindows 10コンピューター上にあるユーザーアカウントを使用していることを確認してください。 2番目に、リモートユーザーアカウントのパスワードがまだ期限切れになっていないことを確認します。マシンにアクセスできない場合は、他の人に確認してもらう必要があります。

ネットワークの問題のトラブルシューティング

このエラーは、ネットワークに問題がある場合、特にインターネットを介して他のPCに接続しようとしている場合に発生する可能性があります。そこで、ネットワークを確認して修正できる手順を次に示します。

  1. 他のPCでネットワークカードドライバーを更新します。
  2. 可能であれば遅延がエラーの原因であることが多いため、可能であればamアダプターに切り替えます。
  3. Windows Network Troubleshooterを実行します。

リモートデスクトップアプリを使用する

特定のレポートは、リモートデスクトップユニバーサルアプリを使用しているときに問題が発生することを示しています。リモートデスクトップアプリケーションに切り替えるとすぐに、問題はなくなりました。
Microsoft Storeアプリは動作しますが、代わりにリモートデスクトップソフトウェアを使用するのが賢明かもしれません。

ファイアウォール設定を構成する

ファイアウォールがリモートコンピューターの着信接続を停止している可能性があります。それが原因だと思われる場合は、使用しているポートがブロックされていないことを確認する必要があります。

  1. これを行うには、Windowsセキュリティを開き、ファイアウォールとネットワークアプリケーションに移動します。
  2. 詳細設定を選択します。
  3. Windows Defender FirewallとAdvanced Securityプログラムが開きます。
  4. 受信ルールの下を見て、 「リモートデスクトップ—ユーザーモード(TCP入力)」というラベルの付いたルールを見つけます。
  5. 有効になっていることを確認してください。

リモートデスクトップサービスをリセットする

  1. Runプロンプトを起動し、services.mscと入力してEnterを押します
  2. [サービス]リスト内でリモートデスクトップサービスを見つけます。
  3. 右クリックしてサービスをリセットします。
  4. リストのリモートデスクトップサービスを再起動します

November 27, 2019

返信を残す

重要!続行するには、次の簡単な数学を解く必要があります。
Please leave these two fields as is:
5 + 10とは?