「オーディオサービスが応答しない」エラーを修正する方法

「オーディオサービスが応答していません」エラーは、Windows 10PCに表示される多くのサウンド関連のエラーメッセージの1つです。このエラーを引き起こす可能性のあるいくつかの理由があり、あなたが試すことができるいくつかの提案された修正があります。

このエラーは、システムがオーディオをレンダリングおよび再生できない場合に発生します。これの一般的な理由は、システムとオーディオデバイス間の通信の問題です。このエラーは、ドライバの問題が原因で発生する場合がありますが、特定のシステムアップデートの直後に発生することもあります。

「オーディオサービスが応答していません」というエラーが発生した場合に試すことができるいくつかのアイデアを次に示します。

  1. オーディオサービスを再開する

オーディオサービスは、オーディオの再生を管理し、オーディオドライバーと一緒に機能するWindowsコンポーネントです。オーディオサービスを再起動し、問題を解決するには、スタートメニューを開き、「サービス」と入力して、Enterキーを押します。

サービスウィンドウで、「Windowsオーディオ」と呼ばれるものが見つかるまでスクロールし、それを右クリックして「再起動」を選択します。次に、「Windows Audio Endpoint Builder」サービスを見つけて、それも再起動します。

最後に、PCを再起動して、サウンドの再生をもう一度確認します。

  1. 他のサービスがアクティブかどうかを確認します

アクティブで実行されていない場合に「オーディオサービスが応答しない」問題を引き起こしている可能性のある関連サービスがさらにいくつかあります。 3つすべてをチェックして、問題がそれらにないことを確認できます。

スタートメニューを開き、「サービス」と入力して、Enterキーを押します。サービスウィンドウで、次の3つのサービスを探します。

 RPCエンドポイントマッパー

リモートプロシージャコール(RPC)

DCOMサーバープロセスランチャー

3つすべてのサービスウィンドウの[ステータス]列をチェックし、ステータスが[実行中]に設定されていることを確認します。それらのいずれかが実行されていない場合は、それを右クリックして[開始]を選択します。

  1. オーディオドライバを再インストールします

場合によっては、単純なドライバーワイプを実行し、現在の潜在的に障害のあるオーディオドライバーを、Windows10がハードウェア用に検出できるデフォルトのドライバーに置き換えることで問題を解決できます。

クリーンなデフォルトのWindows10ドライバーのインストールを実行するには、スタートメニューを右クリックし、[デバイスマネージャー]を選択します。デバイスマネージャウィンドウで、[サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ]の下にあるサウンドデバイスを見つけて右クリックし、[デバイスのアンインストール]を選択します。 PCを再起動し、Windowsにデバイスのデフォルトドライバーをインストールさせます。

February 22, 2021

返信を残す