'ExtensionInstallForcelist'ChromeポリシーがShadyアドオンによって悪用されています

Google Chromeポリシーは、ユーザーとアドオン開発者の両方がGoogleChromeエクスペリエンスのさまざまな部分を微調整するために使用できる舞台裏の設定です。ただし、「強制的にインストールされる」拡張機能のリストを含む疑わしいポリシーがあります。しかし、これはどういう意味ですか? Chromiumの公式ドキュメントによると、強制インストールされたアプリは次のとおりです。

  • サイレントインストールされます。
  • インストールのためにユーザーの操作を必要としません。
  • ユーザーが削除またはアンインストールすることはできません。
  • 拡張機能が要求する権限は自動的に付与されます。

言うまでもなく、これはセキュリティ上の大きな懸念事項であり、低品質のアドオンがこのリストに追加されると、Webブラウジングエクスペリエンスが損なわれる可能性があります。残念ながら、これは何度も発生しており、今日も発生し続けています。 'ExtensionInstallForcelist' Chromeポリシーを利用するための疑わしいアドオンには、Search Marquis、Search Baron、SafeFinderなどがあります。通常、これらのアドオンは、Chromeが使用するデフォルトの検索エンジンまたは新しいタブとして構成することにより、サードパーティの検索エンジンを宣伝する目的を果たします。

「ExtensionInstallForcelist」はアドオンの手動削除を困難にする可能性があります

通常、このようなアドオンは手動で削除できますが、「ExtensionInstallForcelist」Chromeポリシーはこれを防ぎます。ユーザーが疑わしいアドオンを拡張機能マネージャーから削除しようとすると、「組織によって管理されています」というChrome警告が表示されます。

これはブラウザ固有の問題であるため、WindowsだけでなくLinuxやMacのユーザーにも迷惑をかける可能性があります。幸いなことに、そのようなアドオンが削除を困難にしようとしても、ユーザーが信頼できるセキュリティツールを実行することになれば、その試みは無駄になります。最新のマルウェア対策製品は、「ExtensionInstallForcelist」Chromeポリシーを悪用する疑わしいアドオンを削除するのに役立ちます。

May 3, 2021

返信を残す