Mac の「mdworker」プロセスとは

Mac のアクティビティ モニターをよく見たことがあれば、認識できないプロセスやアプリケーションがたくさんあることに気付いたかもしれません。これらのほとんどは、オペレーティング システムの一部であるか、macOS が依存しているユーティリティです。ユーザーが詳細情報を見つけようとする一般的な Mac プロセスの 1 つは、 mdworkerです。多くの場合、 mdsと呼ばれる子プロセスが付随する場合があります。ときどき、ユーザーはこれらのmdworkerが CPU リソースを使いすぎていると不平を言って、これを修正する方法や、プロセスを一時的に終了しても安全かどうか疑問に思っています。

Mdworker は、メタデータ サーバー ワーカーの略で、Spotlight ユーティリティのプロセス部分です。これは、ファイルのインデックスを作成し、Mac の Spotlight ができるだけ速く動作するようにするためのものです。 CPU リソースを大量に消費している場合は、Spotlight が現在インデックスを再構築している可能性があります。ただし、心配しないでください。重いソフトウェアを実行しようとすると、Spotlight は自動的にリソースを解放し、 mdworkerは後でタスクを遅延させます。

Mdworker の CPU 使用率を減らす

このプロセスを停止するべきではないので、Spotlight のデータベースを手動で再構築して、 mdworkerがリソースを使用するタイミングを制御することを検討することをお勧めします。手動で行うには、 [アプリケーション] -> [ユーティリティ] -> [ターミナル]に移動し、コマンドsudo mdutil –E /を入力する必要があります。

June 10, 2021

返信を残す