「ファイルが宛先ファイルシステムに対して大きすぎます」エラーを修正する方法

バックアップとストレージは、IT専門家だけが最近関心を持っているものではありません。また、通常のPCユーザーは日常的にストレージスペースを必要としています。これが、データを保存する方法が非常に多い理由です。クラウドストレージは最近大流行していますが、クラウドサービスはアクセシビリティとセキュリティを提供しますが、サービスは誰のニーズにも対応できないと述べています。ユーザーにとって最善の解決策は、外付けハードドライブまたはUSBスティックドライブを接続して、ストレージのニーズに合わせて使用することです。

これを行ったユーザーは、この特定のエラーメッセージの受信側にいることに気付くでしょう。

「ファイル[ファイル名]は宛先ファイルシステムに対して大きすぎます。

このメッセージは、それが意味をなさない場合でも、ときどきポップアップするようです。たとえば、USBドライブに8 GBの空き容量があり、5 GBのファイルを上記のドライブに転送したい場合です。

そのやや混乱した状態の理由は簡単です。ユーザーを悩ませているメッセージとは異なり、この特定のエラーは実際には、ユーザーの外部デバイスで使用可能な空きストレージスペースに接続されていません。実際には、問題の外部デバイスのフォーマットに関連しています。FAT32フォーマットでフォーマットされている場合、使用できるファイルサイズは4GBに制限されています。メッセージ。この点では、FAT32は確かにFAT16よりも優れていますが(後者は2GBのサイズのファイルに対してのみ許可されています)、依然として最適ではなく、非常に迷惑です。

4GBを超えるファイルに外部ストレージを使用できるようにするこの特定の問題の修正は、かなり単純です。

「ファイル[ファイル名]が宛先ファイルシステムに対して大きすぎます。」エラーの修正方法

  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. 次のコマンド「convert [your device here]:/ fs:ntfs」を入力し 、[your here here]を修正するデバイスの関連する文字に置き換えます。 「Enter」を押してジョブを終了します。

November 19, 2019

返信を残す

重要!続行するには、次の簡単な数学を解く必要があります。
Please leave these two fields as is:
4 + 6とは?