MySQLユーザーアカウントを作成し、Permissoinsを付与する方法

MySQLは、情報を保存、整理、および取得できる優れたオープンソースのデータベース管理アプリです。指定されたユーザーにテーブルとデータベース内のさまざまな権限を付与するための多くのオプションがあります。これがあなたが興味を持っているものであるならば、もう探す必要はありません。これはあなたのためのガイドです。

新しいユーザーを作成する方法

MySQLシェル内で新しいユーザーを作成する方法は次のとおりです。
まず、MySQLのユーザーアカウントには、ユーザー名とホスト名の2つの部分があります。新しいMySQLユーザーアカウントを生成するには、次のコマンドを実行します。
「mysql> CREATE USER 'newuser' @ 'localhost' IDENTIFIED BY 'user_password'」

注: 「newuser」を新しいユーザー名に置き換え、「user_password」をユーザーパスワードに置き換えます。

この例では、ホスト名の部分はlocalhostに設定されています。これは、ユーザーがローカルホストからMySQLサーバーにのみ接続できることを意味します。つまり、MySQLサーバーが実行されているシステムを意味します。

権限を付与する方法

現在、新しいユーザーには権限がなく、データベース内で何もできません。したがって、最初に行うことは、ユーザーに必要なデータへのアクセス権をユーザーに提供することです。新しいユーザーに割り当てることができる特権はたくさんありますが、最も一般的に使用されるものは次のとおりです。

  • ALL PRIVILEGES –すべての特権をユーザーアカウントに付与します。
  • CREATE –ユーザーアカウントにデータベースとテーブルの作成を許可します。
  • DROP –ユーザーアカウントがデータベースとテーブルを削除できるようにします。
  • DELETE-ユーザーアカウントが特定のテーブルから行を削除できるようにします。
  • INSERT-ユーザーアカウントが特定のテーブルに行を挿入できるようにします。
  • SELECT –ユーザーアカウントにデータベースの読み取りを許可します。
  • UPDATE-ユーザーアカウントがテーブルの行を更新できるようにします。

ユーザーアカウントに特定の権限を付与するには、次の構文を使用します。
mysql> GRANT permission1、permission2 ON database_name.table_name TO 'database_user' @ 'localhost';

例えば:
特定のデータベースに対するユーザーアカウントにすべての権限を付与します。
mysql> database_name。*にすべての権限を付与する 'database_user' @ 'localhost';
すべてのデータベースのユーザーアカウントにすべての権限を付与します。
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *。* TO 'database_user' @ 'localhost';
データベースの特定のテーブルに対するユーザーアカウントにすべての権限を付与します。
mysql> database_name.table_nameのすべての権限を 'database_user' @ 'localhost'に付与します。
特定のデータベースに対するユーザーアカウントに複数の権限を付与します。
mysql> GRANT SELECT、INSERT、DELETE ON database_name。* TO database_user @ '

権限を更新または変更する場合は、必ずFlush Privilegesコマンドを使用してください。
新しいユーザーに設定したい権限が完了したら、常にすべての権限をリロードします。

許可を取り消す方法

権限を取り消す必要がある場合、構造は許可を付与する場合とほぼ同じです。
特定のデータベースに対するユーザーアカウントからすべての権限を取り消すには、次のコマンドを実行します。
mysql> database_nameのすべての権限を取り消します。* 'database_user' @ localhost 'から

注:権限を取り消す場合、構文では、権限を付与するときに使用したTOではなく、FROMを使用する必要があります。

このガイドを読んだ後、新しいユーザーを追加し、MySQLデータベースでさまざまな権限を付与する方法について理解を深めることができれば幸いです。

July 28, 2020

返信を残す